松中信彦・福田秀平 宇土市市制施行60周年記念・熊本地震復興祈念 宇土市学童野球教室


イベント詳細




2018年12月2日(日) in熊本 宇土市市民体育館
「松中信彦・福田秀平 宇土市市制施行60周年記念・熊本地震復興祈念 宇土市学童野球教室」
(運営:一般社団法人Double Education)が開催されました。

マスコミは、全2社来て頂き、大盛況となりました。


松中信彦・福田秀平 宇土市市制施行60周年記念・熊本地震復興祈念 宇土市学童野球教室は、運営:一般社団法人Double Education、協賛として、株式会社ローソン様で開催させて頂きました。



福岡ソフトバンクホークス元選手、松中信彦野氏と、現役選手である福田秀平選手が被災地訪問、そして野球教室とトークショーを行い、被災地である宇土市と宇城市の子供たちに夢を与え、一生に残る思い出を作るお手伝いをすることができました。




朝早い時間には、松中氏、福田選手の両選手、進行役のオスカープロモーション所属、フリーアナウンサーの田中大貴さんと共に、境目仮設住宅訪問し、現状を確認すると共に、被災者の方々と交流しました。



また、熊本と言えば、人気キャラクター「くまもん」。
そして宇土市の人気キャラクター、「うとん行長しゃん」。

二人も会場に駆けつけてくれて、始球式をしてくれました。
開会の始球式では、野球教室で行うストラックアウトをくまモンとうとん行長しゃんに挑戦してもらいました。
子どもたちだけではなく、父兄の皆様も大喜びでした!


今回のイベントの内容については、2部制となっており、1部では宇土市民体育館(ecowin宇土アリーナ)で野球教室を約1時間半行いました。

・キャッチボール
・ストラックアウト
・盗塁走

を行いました。

主に松中選手はキャッチボールの基礎を熱血指導されていました。
指導を受けた小学生たちは、教えを守りながらストラックアウトに挑戦していたのが非常に印象的でした。



福田選手は、盗塁走を子どもたちに伝授されていて、
プロ野球選手から聞く盗塁の奥深さ、楽しさをしっかりと学んでいました。



中でも一番盛り上がりを見せたのは、
松中氏・福田選手両選手VS小学生により「ストラックアウト」対決!!

選手は最高得点は6枚、小学生チームは7枚となり、
見事小学生チームの勝利!!

ストラックアウトに勝利した小学生チームには、
両選手の特別ステッカーと福田選手から手袋のサプライズプレゼントがあり、
子どもたちは大喜びで歓声が上がりました。





その後、2部では、両選手による「トークライブ」を開催。
参加した子どもたち、父兄の方々まで約120名が参加。

お二人のクイズ大会では大きな笑いが巻き起こり、
参加者の方々は非常に楽しんでいました!



協賛いただきました、ローソン様、本当にありがとうございました。
ご協力頂きました松中信彦氏、福田秀平選手、お忙しい中ご参加いただきまして本当にありがとうございました。

今回のイベントも、プロ野球選手を目指す子どもたちや、被災地の方がに夢と元気を与える非常に素晴らしい機会になったと思います。